Plan 資金計画

HOME > 資金計画

理想の家を建てるには・・・

まずは、しっかりとしたライフプランに基づいた
資金計画が必要不可欠です。

理想の家を建てるためには、家族構成や資産などを考えてライフプランを考えて資金計画を立てておく必要があります。
お金をかければいくらでもいい家は建ちます。しかし、無理な予算を組んでしまうことで、毎月返済に追われて生活が苦しくなってしまってはとてもいい暮らしとは言えません。
納得のいく家を建てていつまでも幸せに暮らすためには、無理のない資金計画が必要不可欠なのです。

理想のライフプランを考える

家づくりを検討しはじめる年代は、20代から30代前半の方が多いです。そして中には子育て中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
立石設計では、家を建てるまでの資金計画だけでなく、夫婦の老後資金、お子様がいらっしゃる方はお子様の成長にかかる教育費など、ローン以外の出費も含め、ライフプランを考えていただくようご案内しております。

たとえご夫婦が共働きで、収入を合算して住宅ローンを組んだとしても、「子どもの興味のある習い事をさせたい」「受験に向けて塾に通わせたい」「老後に向けて家をバリアフリーにしたい」など、住宅ローン以外の出費がかかる時が訪れます。

そのため収入に応じたMAXの借り入れをしてしまうと、せっかくマイホームを建てても住宅ローンの返済に追われて働きづめになったり、旅行や外食などに行けなくなってしまう可能性がでてくるのです。そんな暮らしはとてもいい暮らしとは言えないと思います。
近年の不安定な景気の波を考えると、月々のローンの返済額も無理のないように計画しておかなければなりません。

毎月無理なく返済できる金額はいくらなのか、あらかじめ将来を見据えたライフプランを考えて資金計画を立てておきましょう。ポイントとしては、間取りや設備、外観など、優先順位をつけて、「お金をかけてもこだわりたいところ」「コストを抑えられるところ」を明確にしておくことです。そうすることで、無駄を省いた理想のマイホームと、住み始めてからの満足のいく暮らしを手にすることができます。